おしゃれは足元から!この春流行るミドルブーツ!

おしゃれは足元からとよく言われます。

しかし、ファッションと言うと服やパンツ、アクセサリーなどの小物というイメージを強く持つ方もいるのではないでしょうか。

足元のおしゃれはとても大切です。
足元がしっかりしていると全体のコーディネートがより引き締まります。

春にピッタリの足元のおしゃれ、それはミドルブーツです。

男性、女性問わず、ミドルブーツを上手にコーディネートするとそれだけでおしゃれに見せることができます。

ロングブーツは冬に履くため、春だとちょっと暑い印象を相手に与えてしまいます。

ロングよりも丈の短いミドルにして、パンツをインしたり、インしなかったりするとコーディネートに変化を与えることができます。

そしてファッション全体が軽めに仕上がるため動きのある服装にぴったりフィットします。

春は風が吹くことが多いですから、上下の服が風に揺れる中で、足元が爽やかなミドルブーツというコーディネートであればファッション全体が軽く、躍動感のある印象を与えることができるのです。

また、ミドルブーツは夏以外使用することができるため1足持っておくととても便利です。

使用頻度が多くなるため、やや高めの物を買っておくと長く使うことができますよ。

春はミドルブーツでキマリ!一度、お試ししてみませんか?

1着はほしい!春に活躍するアウター!

春という季節はコーディネートが非常に難しい季節です。
それは1日の中で気温差が非常に激しいからです。

昼間はアウターを着ると暑く、夜はアウターがないと寒すぎるといった具合に気温差が大きいためコーディネートが難しいのです。

そこで春に活躍するアウターとしてイチオシなのがデニムジャケットです。

デニムジャケットは生地が厚めなので春の夜の寒さをブロックしてくれます。
なおかつ厚すぎないので中のインナーを調整するだけで昼間でも身につけることができます。

そしてなによりデニムジャケットはとってもおしゃれです。

女性であれば丈が短めのデニムジャケットでキレイめお姉を演出できますし、男性であればロックな感じを出すのには最適です。

デニムジャケットの注意点は特に男性ですが、パンツと合わせにくいという点です。

おしゃれをし始めた方にとっては、パンツはデニムという方が多いと思います。
しかし、デニムジャケットにデニム・ジーンズとしてしまうとちょっとおかしなファッションになってしまいます。

もちろんあえて合わせるというのもありますが、最初はとても難しいので綿パンやカーゴパンツと合わせるといいでしょう。

気温差が激しいからこそ、その気候に応じてファッションを変えていく。
これもファッションの醍醐味の1つではないでしょうか。

合わせやすいアイテムでコーディネートに幅をもたせよう

揃えたアイテムでファッションをコーディネートして、もう少しおしゃれになりたいと思ったらどんな服にでも合わせやすいアイテムでコーディネートに幅を持たせていきましょう。

合わせやすいアイテムと言えば小物です。

小物と言えばネックレス、ピアス、バッグ、ブレスレッド、時計などを想像する方が多いですが、もちろんこれらのアイテムでもコーディネートに幅を持たせることが出来ます。

しかし、これ以上に手軽で安価に済ますことができるアイテムがあります。
それはベルトです。

ベルトはあまり数を持っている方は少ないのではないでしょうか。

そもそもベルトは1本あれば使い回しができるため、使えなくなるまで使うという方も少なくなりません。

そこで注目するのが取り外し可能なバックルです。

ちょうど中心にくるバックルはコーディネートに変化をもたらせてくれます。

今までは全体のコーディネートの中でネックレスのみが装飾品だったという方も、目立つバックルをつけることでコーディネートが引き締まるのです。

小物と言えば身につけるものが多いという中で、ベルトにまで意識を傾けるとより一層おしゃれにみせることができ、コーディネートが楽しくなりますよ。

今では豊富な種類のバックルがあるのでぜひ探してみてください。

ただし、ベルトの中にはバックルが取り外せないものもありますので、一度手持ちのベルトの型を確かめてくださいね。

男性がプラス1で持つといいインナーカラーその2

前回の記事でプラス1で持つといいインナーカラーはピンクであるとご紹介しました。

今回はもう1つオススメのインナーカラーをご紹介します。

オススメする2つ目のカラーはずばり、パープルです!

パープルは自分に自身のある方しか身に着けられないような色のイメージがありますが、これもピンク同様、薄めのパープルであればよほどおかしなコーディネートをしない限り大人っぽい印象を与えることができます。パープルなどはあまり売っていませんが、オリジナルTシャツ 作成すれば簡単に手に入れることもできます。

濃い目のピンクは大人の落ち着いた印象を、薄めのピンクは落ち着いた爽やかな印象を与えます。

そして何より、ホワイト、ブラックとの相性が抜群にいいです。

濃い目であれば冬にマスト、薄めであれば、オールシーズン身につけることができるアイテムなので汎用性が非常に高いカラーであると言えます。

今まで着ていた服の中に、パープルのTシャツを着たり、夏にはパープルのTシャツ1枚で外に出たり。
ジーンズの藍色とも非常に合う色彩なので、コーディネートが手軽になり、おしゃれという印象を与えることができます。

また、薄いパープルとピンクのコーディネートもとってもおしゃれです。
男性目線ではおしゃれに、女性目線でもおしゃれに映る組合せなので、ぜひ実践してみてください!

男性がプラス1で持つといいインナーカラーその1

今、手持ちのインナーでカラーは揃っているでしょうか?
人の好みは偏りがちになるため、基本的に同じようなカラーバリエーションになりがちです。

相手に「おしゃれだな」と思わせるために、インナーのカラーバリエーションを充実させましょう。

手持ちのインナーのカラーにもよりますが、男性にオススメのプラス1カラーはピンクです。

「え?ピンクなんて着れないし、似合わないよ」

そう思った方でも大丈夫です。
女性の着る濃い目のピンクではなく、薄いピンクなら爽やかな印象を与えることができます。

薄いピンクはホワイトにもブラックにも、ダークブラウンにもよく映えるためカラーコーディネートの幅が非常に広がります。

今、手持ちのアイテムの良さをそのまま活かし、今までと少し違った爽やかな印象を与えることができるカラーなのです。

ホワイト系のシャツの中に、薄いピンクのTシャツをコーディネートすると春は完璧コーデになります。
黒のパンツと合わせると非常にコントラスト効果があるため、おしゃれに見えることでしょう。

ピンクを着ることには抵抗を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、それは最初のうちだけです。

鏡に映る自分が、きっと新しい自分になっていますよ。